6月にあった 「2018福岡ギフトショー」 報告以来、4ヶ月も開けてしまいました。

ギフトショー以降 これまでにない  いそがしさ で、投稿する余裕がありませんでした。

いそがしい状況は あまり変わらないのですが、すこしでも発信しなければ と投稿しています。

弊社では、すでに刺繍機やソフトを導入頂いているお客さまの追加購入と、

新規で刺繍機を購入頂くお客様が 約 50対50 の割合になっています。


新規で購入して頂くお客さまは、刺繍について初めてなので不安な方が大半です。

パソコンの操作に慣れてない方、ミシンすら使ったことがない方、刺繍についてあまり知らない

「タジマ刺繍機」 のブランドも知らない方もおられます。

そこで、野中ししゅう機販売㈱では、「 ししゅうの説明 」 と いう簡易マニュアル書を納品時につけて

はじめての方でも安心して刺繍加工をして頂いております。

torisetsu-002



この説明書は、過去に納品したお客さまからのよくある質問を中心に構成しておりまして、

毎回、修正・追加・削除・画像追加 など、繰り返しております。

購入されたお客さまの刺繍内容に合わせて中身の説明を変更したりもしております。




初心者が最初に思う疑問を丁寧に画像付きで操作される順番で構成しております。

購入頂いたお客さまが いち早く刺繍ビジネスを軌道に乗せるための道具として活用頂いております。


 内容

(序盤)

01、新規に刺繍文字(ネーム)を作成して、刺繍機へ転送する手順
02、刺繍機側でLANにてデータを取り込み、刺繍位置や刺繍の糸色を指示する など
03、ない文字を辺と作りを組み合わせて作成する方法
04、文字の輪郭を簡単に修正・変更する方法
05、よく使う設定をデフォルト(初期値)にする方法
06、刺繍のクオリティーを上げる方法
07、文字列を登録して「ひながた」として使用する方法
08、簡単に、文字の縁取りを作る方法
09、刺繍の糸密度の考え方と変更方法
10、糸切設定とほつれ止めの方法

(中盤)

01、スキャナーを使って画像を読み取り操作
02、各種 画像ファイルの呼び出し方
03、画像サイズを厳密に調整する方法
04、刺繍データ作成まえにやること 考え方
05、原稿に手を加えて刺繍データを楽に作成する手順
06、刺繍の内容に合わせた各種ツールの使い方
07、下縫いの重要さ と 適正な下縫いの考え方
08、きれいに仕上がる縫い順の考え方
09、各種ツールで分けたデータ作成の練習原稿
10、実践する原稿 で練習

(後半)

01、エクセルやワードにある名簿をコピペして文字入力無しに大量のネームデーターを作成する方法
02、刺繍ソフトに内蔵されている刺繍文字のサンプル一覧表
03、「 ししゅうノウハウ 」 として基本的にしておくべき 事柄
04、針について  番手や種類を刺繍するアイテムごとに説明
05、刺繍の糸の太さ・対応している針・それによる密度の変更・下縫いの変更 の説明
06、刺繍糸の種類と太さ・おすすめの下糸・便利な下糸 などの紹介
07、ボビン・ボビンケースの説明
08、刺繍の下にいれる紙 不織布 の種類と用途別の説明
09、刺繍加工に必要な副資材の説明
10、ワッペンを作成する為の必要な資材
11、ワッペンの作り方の説明
12、ワッペン生地の見本帳 3種類
13、ウレタンを使った3D刺繍のデーターの作り方
14、3D刺繍用ウレタンの色見本帳
15、リストバンドへ刺繍するための 最適なデーターの作り方
16、リストバンドへ刺繍する方法
17、旧式の野球帽子への刺繍データの作り方

(終盤)

01、刺繍機でトラブルが起きた時の対処方法 「エラー番号」ごと説明
02、パソコンや刺繍ソフトでのトラブル対処方法
03、資材屋さんの注文書

などです。

torisetsu-001


刺繍機には、ホームページ形式のDVDが付属しておりまして、詳しい内容を知りたい場合は、
そのDVDをご覧いただけますし、パーツリストも掲載されております。

刺繍ソフトにも、 ヘルプ から呼び出せるPDFの説明書が付いております。
1000ページ以上の内容で、画像つきで詳しく細かく説明してあります。

弊社の説明書は簡易版ですので、160ページで必要最小限度でわかりやすく書いております。


じつは、購入されたお客さまの為に作成している簡易版の説明書ですが、
操作方法や資材などについての質問が、極端に少なくなりました。

以前はささいな質問を毎日電話されたり、たまたまおじゃました時、たくさんの質問を
頂いたりしていました。
お客さまによっては、電話したくない方もおられて 「 てさぐり 」 で何とかなったとの
お話を後日お聞きすることがありました。

そんな簡易説明書ですが、お客さまのためでもあり、自分自身の為でもありますので、
随時、更新していく予定です。